酸素(O、オキシゲウム) - 体、利益、害への影響、説明 - Calolizator.ru

酸素の歴史

酸素の開口部は数年の差でXVIII世紀の後半に2回発生しました。 1771年に、酸素はSwede Carl Sheleleを受け、塩と硫酸を加熱しました。得られたガスを「Fiery Air」と呼びました。 1774年、英語の化学者ジョセフ・マネリーは、完全に閉じた血管内の水銀酸化物の分解の過程を実施し、そして酸素を開けたが、空気成分のためにそれを受け入れた。巫女がフランスの風車で彼の検索を共有した後にのみ、新しい要素が開かれたことが明らかになった(カロリオーター)。この発見のパームチャンピオンシップはPriestleyに属しています。

酸素の全体的な特徴

酸素は化学元素D.I周期系のXVI族IIの元素である。 MendeleeVは原子番号8と15.994の原子量を有する。酸素記号を指定することができます О(ラテン語から オキシゲウム。 - 育種酸)。 ロシアのタイトルで 酸素 から派生したようになりました 、m.vによって導入された用語。ロモノサフ。

酸素の全体的な特徴

自然の中で見つける

酸素は地球の地殻と世界の海の中で見つけるための最も一般的な要素です。酸素化合物(主に珪酸類)は地球の地殻の質量の少なくとも47%であり、酸素は森林およびすべての緑の植物、ほとんどの海および淡水植物プランクトンによる光合成の過程で生産されます。酸素 - 任意の生細胞の必須成分も有機起源のほとんどの物質にあります。

物理的及び化学的性質

酸素 - エバメールは、カルコゲンの群で構成され、高い化学活性が高い。酸素は、単純な物質として、色のないガス、臭い、味は液体状態 - 淡青色の透明な液体および固体淡青色の結晶を有する。それは2つの酸素原子(式O)で示される)からなる。

酸素の有用な特性とその身体への影響

酸素は酸化的治療反応に関与しています。ライブクリーチャーは空気酸素を吸います。医学の酸素が広く使用されています。心血管疾患において、代謝過程を改善するために、酸素泡状(「酸素カクテル」)が胃に導入される。酸素の皮下投与は、栄養潰瘍、象、壊疽において使用されている。空気および洗浄水の消毒および脱臭のために、人工オゾン濃縮が使用される。

酸素の有用な特性とその身体への影響

酸素の生物学的役割

酸素 - 地球上のすべての生物のバイタル活動の基礎の基礎は主な生体元素です。それは細胞の構造および機能を担うすべての主要物質の分子(脂質、タンパク質、炭水化物、核酸)に位置しています。各生物は、任意の元素よりもはるかに多くの酸素を含んでいます(最大70%)。例えば、70kgの重さの成人中型人体体は、43kgの酸素を含有する。

酸素は呼吸器と水の摂取量のおかげで、生物(植物、動物、男性)に入ります。人体には、最も重要な呼吸の体が皮膚であることを覚えておいて、特に貯水池の岸の夏には、その人物がどれだけの酸素を受け取ることができるかは明らかになります。それは、身体の年齢、性別、体重および表面、電力システム、外部環境などに依存するのは、酸素中の人の必要性を判断することは非常に困難です。

酸素の生物学的役割

著者:Victoria N.(特にCaloRizator.ru)この論文を完全にまたは部分的に禁止しています。

Кислород применяется практически повсеместно – от металлургии до производства ракетного топлива и взрывчатых веществ, применяемых для дорожных работах в горах; от медицины до пищевой промышленности.

В пищевой промышленности кислород зарегистрирован в качестве пищевой добавки E941, как пропеллент и упаковочный газ.

Автор: Виктория Н. (специально для Calorizator.ru)Копирование данной статьи целиком или частично запрещено.

Анонсы

Добавить комментарий